教育理念・目標

学校教育目標

教育目標
未来を切り拓く、心豊かでたくましい、知夫の子どもを育成する
校訓
創造 共生 自立 愛郷

学校経営方針
自らの力で立ちゆく「知・徳・体」の調和のとれた力強い知夫の子どもを育てる【自立】
 ~知夫の教育の強みを生かしながら、授業づくりとふるまい1番を両輪に推進する~

  1. 小中一貫校の利点を生かし、9年間で知夫の児童・生徒を育てる(学力・体力向上・ふるさと・キャリア教育)
  2. 少人数であることを活かし、個別のニーズに応じた教育的支援を実施する
  3. 複式学級の学びを生かし、進んで学ぼうとする授業づくりと学習集団づくりに努める
  4. 知夫(島前)のヒト・モノ・コトを最大限に生かしたふるさと教育を推進する
  5. 島留学制度を生かし、挑戦への意欲が高い学校、学級づくりに努める
  6. 一体型施設(教育委員会、村図書館)の利点を生かし、積極的な情報発信に努める
  7. 社会人としての自覚を高め、保護者や村民との信頼関係づくりに努める

学校教育指導方針

【めざす児童・生徒像】

【創造】自ら学ぶ・・・自ら学ぶ意欲を持って考え、調べ、表現する

  • 授業を大切にした学びの保障
  • 学校図書館を活用した授業の充実
  • コミュニケーション能力の素地を養う英語・外国語活動の推進
  • 家庭学習の手引きと宿題の工夫による家庭学習の定着
  • 望ましい勤労観、職業観、社会的自立の基礎となるキャリア教育の推進
  • 小中間の授業交流の充実とゆとりの創出

【共生】共に生きる・・・思いやりの気持ちを持って友だちを大切にする

  • 互いに認め合い、高め合う学級集団の育成
  • 特別な支援を必要とする子どもへの積極的な支援
  • 道徳の時間を大切にした心豊かな子どもの育成
  • いじめや不登校に対する積極的な取組み
  • 保護者との連携を密にした取組み

【自立】たくましく生きる・・・難しいと感じることも強い心と体で挑戦しやりきる

  • 「心技体」を鍛える部活動・課外活動の取組み
  • 保護者や地域との連携を図った健やかな体と心の育成
  • 交通安全や防災に関する正しい知識と行動の育成
  • 生徒・児童会や学級活動の充実による主体的態度の育成

【愛郷】ふるさとを愛する・・・知夫のよさを体感し、よさを伝える

  • 地域の「ヒト・モノ・コト」の積極的な活用
  • 知夫を知り、伝える活動の充実
  • 社会教育や関係機関等の連携
  • 竹島学習の充実

研究主題

『対話的で深い学び合いの実現に向け、表現する力を高め合う知夫の子どもの育成』

小学部:複式学級におけるダイヤモンド型を軸としたガイド学習の実践

中学部:各教科における子どもの声を繋ぎ、対話的な学び合いのある授業の実践

教育課程週当たりの予定授業時数

校種 小学部 中学部
学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 1年 2年 2年2組 3年
国語 9 7 5 4 4 3 3
社会 2.6 3 3 3 4
算数
数学
5 5 5 4 3 4
理科 3 3 3 4 4
音楽 2 1.7 1.4 1.3 1 1
図工
美術
2 1.7 1.4 1.3 1 1
体育・保健体育 3 3 2.6 3 3 3
技術・家庭 1.7 2 2 1
生活 3
英語 4 4 4
外国語活動 0.4 1.4
道徳 1 1 1 1 1 1
特別活動 1 1 1 1 1 1
総合的な学習の時間 2 2 1.4 2 2
自立活動 2 1
合計 26 28.4 28.5 29 29 29

※2019年4月現在

このページの先頭へ