教育理念・目標

学校教育目標

教育目標
未来を切り拓く、心豊かでたくましい、知夫の子どもを育成する
校訓
創造 共生 自立 愛郷

学校経営方針キーワード:「風通し」「補い合う」

  1. 全教職員の共通理解と協力体制のもと、一人一人の創意工夫と行動力を活かした学校運営
  2. 児童・生徒・教職員一人一人の人権を尊重し、安心・安全な学校生活・職場環境の保障
  3. 小中一貫校の利点をいかした「学力・ふるまい・体力」の向上
  4. 少人数であることをいかした「知・徳・体」の調和のとれた児童・生徒の育成
  5. 知夫の「ひと・もの・こと」の積極的な活用
  6. 家庭・地域・関係諸機関との連携=信頼される学校
  7. 島留学制度をいかした学級・学校づくり

学校教育指導方針

めざす児童・生徒像:全教職員で9年間で育てる

自ら学ぶ子ども

  • 校内研究を中心に据えた主体的に学ぶ子どもの育成(わたり授業の充実とそこで培った力の中学部での活用)
  • 与えすぎない・ 自主性を促す・判断させる等の支援
  • 基礎学力の向上(個々の正確な実態把握)、家庭学習習慣の確立(家庭との連携・適切な課題)
  • わかる授業←授業力の向上(互いの授業参観、派遣指導主事・経験者研修の活用)

共に生きる子ども

  • 挨拶・時間・言葉遣い・清掃等の徹底
  • 異年齢集団での活動の工夫と充実→責任感、手本となる姿勢、見習う姿勢の育成
  • 島留学生と共にのびる学級集団、学校集団づくり

たくましく生きる子ども

  • 基本的な生活習慣、学習習慣の定着=当たり前のことができる
  • 体育・体育的行事・体力作り・部活動等による体力向上・健康管理意識の向上

ふるさとを愛する子ども=知夫のよさを子どもに伝える

  • 知夫の「ひと・もの・こと」の有効活用
  • 知夫を知る活動と伝える活動の充実、地域行事への参加促進

研究主題

「自己実現に向けて、主体的に学ぶ知夫の子どもの育成」

~学ぶ意欲を高める授業づくりと自立に向かう子どもの育成~

教育課程週当たりの予定授業時数

校種 小学部 中学部
学年 1年 1年2組 2年 3年 4年 5年 6年 1年 1年2組 2年 3年
国語 9 7 9 7 5 4 3 4 3
社会 2.6 3 3 3 4
算数
数学
5 5 5 4 3 4
理科 3 3 3 4 4
音楽 2 1.7 1.4 1.3 1 1
図工
美術
2 1.7 1.4 1.3 1 1
体育・保健体育 3 3 2.6 3 3 3
技術・家庭 1.7 2 2 1
生活 3
英語 4 4 4
外国語活動 0.4 1.4
道徳 1 1 1 1 1 1
特別活動 1 1 1 1 1 1
総合的な学習の時間 2 2 1.4 2 2
自立活動 2 1
合計 26 28.4 28.5 29 29 29

※2018年4月現在

このページの先頭へ